採用情報

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 職場と先輩紹介

職場と先輩紹介


営業第2課 入社5年目

 小さい頃から物作りには興味があったのですが、それだけではなくて人とコミュニケーションを取れる仕事をしたくて、営業を目指しました。入社してから5年になりますが、モノづくりに関わる楽しさもあれば営業としての苦労もあり、充実した日を送っています。
 営業の仕事は人と関わる奥が深い仕事で、まだまだ勉強中です。それでも、いつかは会社の中でキラリと輝くことができる人間になりたいですね。

 
製造課 入社7年目

 入社して7年になるため、責任者としてお客さまのところへ行き、据え付けにも関わり、話をすることもあります。お客さまに色々と機械について尋ねられたときに、答えられなくてはならないため、機械についての知識をつけなくてはなりません。機械を使われるお客さまに理解していただける説明をするには、まず自分がその機械について知っていなくてはならないので、先輩にいろいろと質問して学んでいます。お客さまの質問に答えられないのでは、信頼も受けられませんからね。

 
製造課 入社2年目

 社会人になって、学生のときと一番違うのは、自分が給料を貰う立場になったということです。学生のときは、お金を払って何かをしてもらう立場でしたが、今は、自分がやった仕事に対してお給料をお客様からいただく立場です。それだけに、自分の仕事に対して責任がついて回ります。まだまだ仕事についても学ぶことの方が多い立場なので、余計にお給料の重さを実感しますね。
 社会人になってまだ2年目、ですが、もう2年目、という気持ちで、早く仕事を覚えて一人前になりたい、というのが今の目標です。

 
製造課 入社5年目

 入社して5年目、製造課で仕事をしています。高校は機械科を選びました。一番役立ったと思うのは図面について学んだということですね。製造課では、技術課で作られた図面を元に機械を組み立てます。ですから、図面をすぐに読めるようになったのはとても助かりました。それでも、いまだに装置を組み立てる中でわからないことがいろいろと出てきます。そんなときは、先輩に尋ねてちゃんと理解するようにしています。
 この仕事を5年やってきて、入社したすぐの頃に比べればそれなりに仕事も覚えたとは思いますが、まだわからないことがあります。早く一人前になって、装置の組み立ての責任者や大きな案件を任されるようになりたいですね。もちろん、出張にも出掛けてお客さまと話ができるようにもなりたいです。そうやって会社に貢献できる人材になることが目標です。

 
技術課 入社2年目

 私は入社して2年目になります。技術課では、装置を設計し、CADを使って図面に書き起こすことを仕事としています。図面を書くからには、機械の構造を理解して、それぞれの部品がどこにつくのかを考えるため、機械についての知識もつけなくてはならず、苦労しています。技術課が起こした図面に添って装置が組み立てられていくのですから、責任も大きいですが、やりがいのある仕事です。いずれは大きな装置について、一つのラインを自分自身で設計してみたいです。

 
製造課 入社3年目

 社会人になって3年目、仕事ももちろん覚えなくてはならないことが多くありますが、小さい頃からプラモデルを組み立てるのが好きで、同じようにモノを組み立てる作業がしたかったので、今の仕事はまさしく願った通りのものだと思います。 学生時代と一番違うのは、自分の置かれている環境だと思います。同年代の人間だけで集まっていた学生の頃と違い、職場では先輩たちに囲まれていますし、これからも、もっともっと知識やスキルを身につけて、お客さまにもきちんと対応できるようになりたいです。